不眠症・睡眠障害について解説【治し方・改善方法】

毎晩ぐっすり眠れていますか?
実際、日本人の5人に1人は不眠の症状を感じているといわれています。
またコロナ禍で生活リズムが崩れ、眠れなくなった方も増えてきています。

不眠は「夜眠れない」という苦痛だけでなく、日中の眠気やだるさ・集中力が落ちるなど、ライフスタイルに大きく影響しますよね。一之江駅前ひまわり医院では、睡眠に関するトラブルにも、個々の患者さんに合わせた治療を行っています。

不眠症とは?

不眠症とは「眠れない」症状が1か月以上続き、日中のパフォーマンスが低下した状態と定義されています。(厚生労働省のHP

不眠症が続くと、日中の集中力が低下するだけでなく、イライラしやすくなり、片頭痛の原因になったりします。(片頭痛については「片頭痛【症状・診断基準・対処法・薬】について解説」も参照してください)

大きく分けて「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つがあります。自分がどの不眠のタイプなのか知っておくとよいでしょう。

① 入眠障害(なかなか寝つけない)

ベッドに入ってから寝付くまでに30分~1時間以上かかるタイプです。精神的な問題を抱えている時、不安や緊張が強い時などにおこりやすいといわれています。

② 中途覚醒(夜中によく目が覚める)

睡眠中に何度も目が覚め、一度起きたあとなかなか寝つけなくなるタイプです。目が覚める時間や回数は個人差がありますが、高齢になるにしたがって多くあらわれてきます。

③ 早朝覚醒(朝早く目が覚める)

本来の起きる時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうタイプです。年をとると体内時計のリズムが前にずれやすく、若い人に比べて夜遅くまで起きていられなくなるので、早寝早起きになります。

④ 熟眠障害(ぐっすり眠った感じがしない)

時間として眠っていても、「ぐっすり眠れた」という満足感が得られないタイプです。

途中で息が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」や寝ている間に足がピクピク動く「周期性四肢運動障害」など、睡眠中に症状がでる病気に関係していることがあります。

不眠症の原因は?

不眠症の原因は多岐にわたり、主な原因としては以下のものがあげられます。

  • 仕事や家庭環境・人間関係などによるストレス
  • 睡眠習慣の問題や睡眠リズムの乱れ
  • うつ病や適応障害などの精神疾患
  • 睡眠時無呼吸症候群や脳神経疾患・呼吸器疾患などの基礎疾患
  • アルコールや薬の影響によるもの
  • 周囲の環境(寝室の温度や湿度・騒音や光など)

多くの場合、周囲の環境によるストレスや周囲の環境の変化・睡眠リズムの乱れや睡眠習慣が問題ですので、原因を一人ひとり考えながらケアさせていただきます。

またこれらのうち、精神疾患や基礎疾患が原因になっている特殊な睡眠障害の場合は、通常の睡眠薬では奏功しません。その場合には、疾患に合わせて適切な施設に紹介させていただきます。

睡眠の質をあげるための生活習慣の注意点は?

厚生労働省の研究班から、睡眠のリズムを整えるための12の指針が提唱されています。その中で、日常生活に注意する点を抽出し一部改変しました。できるところからで構いませんので、少しずつ試してみるとよいでしょう。

① 適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。

定期的な運動や規則正しい食生活は良い睡眠をもたらします。
また、睡眠薬がわりの寝酒は睡眠の質を悪化させるため、控えたほうがよいでしょう。
寝る前のカフェイン摂取や寝タバコも、カフェインやニコチンによる覚醒作用があるため、入眠をさまたげ睡眠を浅くします。

② 良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。

睡眠時に息の通りが悪くなって呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は、治療しないでおくと高血圧や糖尿病などの危険性を高めます。
「いびきがある方」や「肥満があり呼吸が止まっていることがあると指摘されたことがある方」は、ぜひ一度当院にもご相談ください。

③ 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

寝付けないだけでなく、気持ちが重たく、物事への関心がなくなり、好きだったことが楽しめない・・・こういった場合、うつ病の可能性があります。その際には、メンタル面から改善する必要があります。適切な施設にも紹介いたしますので、ぜひ心の中で秘めずにご相談ください。

④ 年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

「8時間以上寝ないといけない」と考える必要はありません。必要な睡眠時間は人それぞれです。

睡眠時間は年を取ると自然と短くなっていきます。寝る時間にはこだわりすぎることはありません。日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠が一番だと考えるとよいでしょう。

⑤ 良い睡眠のために大切なのは環境づくり。

良い睡眠に必須なのが、寝るまでの環境づくりです。特に以下に意識するとよいでしょう。

  • 寝室や寝床の温度や湿度:一般に寝室環境は室温20℃前後、湿度40~60%、寝具内温度30℃前後に保つことが推奨されています。
  • 入眠前の入浴: 入浴は眠る1~2時間前、お湯の温度は40度弱くらいがよいでしょう。
  • 寝室の照明: 白っぽい色味の照明や明るい照明は目を覚ます作用があります。
  • 入眠前のスマホやブルーライトの使用:ブルーライトには覚醒効果があり、控えたほうがよいでしょう。
  • 寝床は眠るためだけに使いましょう。

他にも気を付けることは数多くあるので、一度睡眠に関する生活環境についてもご相談ください。

⑥ 毎朝同じ時刻に起床し、昼寝は午後3時までの20分~30分にしましょう。

毎朝同じ時刻に起きる。朝起きたら太陽の光を浴びる。規則正しい3度の食事と適度な運動を心がけることで睡眠リズムを整えることができ、運動習慣で熟睡をうながします。

20分程度の短い昼寝は頭をすっきりさせ、集中力や作業能力の低下を防ぐことができることが認められています。しかし、午後3時以降に眠るのは夜の睡眠の妨げになるので控えましょう。

(厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針2014より一部改変、厚生労働省の不眠症に関するHPも参考にしてください)

不眠症の治療薬は?

大きく分けて「GABA受容体作動薬」「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」の3種類に分かれます。

① GABA受容体作動薬

脳の興奮を抑えるGABAという神経伝達物質の働きをうながすことで、脳を休ませる薬です。従来の多くの睡眠薬は、このお薬に分類されます。短時間しか作用しない「ルネスタ®」「マイスリー®」「ハルシオン®」、やや短めな「レンドルミン®」、中間型の「サイレース®」長期間型の「ドラール®」など多くの種類があり、患者さんの状態に合わせて選択してきます。

メリット

  • 非常に早めに効果を実感しやすい
  • 不安症状なども軽減されます
  • 効果の強さも高いです

デメリット

  • 依存性(薬がないと眠れないこと)が出やすいので、慎重にコントロールする必要があります
  • 耐性(薬の効きが徐々に悪くなること)が生じることがあるので連用に注意が必要です

② メラトニン受容体作動薬

比較的新しめな睡眠薬のお薬が、このメラトニン受容体作動薬です。メラトニンは体内時計の調節に関係し、睡眠と覚醒のリズムを調節する働きがあるホルモンのこと。睡眠と覚醒のリズムを整え、自然な睡眠をうながす特徴があります。

メリット

  • 自然な眠りを促します:時差ボケの治療にも使用されます
  • 上記の耐性や依存性も少ないのも特徴です
  • 中途覚醒や熟眠障害に効果を発揮します

デメリット

  • 即効性がありません: 効果がでるまで2週間くらい必要です
  • 眠気が残ったり、頭痛がでる可能性があります

③ オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンとは起きている状態を保つ脳内物質のこと。このオレキシンの作用を抑えることで、眠りをうながす新しいタイプのお薬となります。脳の覚醒システムを抑えることで、脳の状態が覚醒から睡眠状態になるのをうながし、自然な睡眠を助けてくれます。現在2014年発売の「ベルソムラ®」2020年発売の「デエビゴ®」があります。

メリット

  • 自然な眠りを促します
  • 即効性もある程度あるのが特徴です
  • さらに、耐性や依存性も従来の睡眠薬よりもありません

デメリット

こうした各薬剤の特徴を十分に把握しながら、医療者側と患者さん側が協力して治療にあたっていきます。

不眠症の治療の流れは?

症状に合わせてお薬を処方すると同時に、日常生活を見直し不眠症の原因となる生活習慣を改善していきます。
また精神疾患や睡眠時無呼吸症候群といった放置してはいけない睡眠障害かどうかも診断を進めていきます。

症状が良くなったら、薬を減らしていきます。しかし、状態に応じてゆっくり睡眠薬をなくしていくのが大切です。自己中断で服用を中止せず、かかりつけの先生と相談しながら薬を減らすようにしていきましょう。

まとめ

  • 最近環境の変化でなかなか寝付きがわるい
  • 途中で起きてしまって、寝た感じがしない
  • なぜ、こんなに眠れないのかわからなくて、だれかに相談したい

このような方は、一度一之江駅前ひまわり医院に遠慮なくご相談ください。一人一人にあった不眠症の解決策を丁寧に診察させていただきます。

あわせてこちらもオススメ

【この記事を書いた人】 
一之江ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. 冷え性と低体温は違いは?冷え性の原因と改善方法について 

  2. 大人もかかる気管支喘息について解説【症状・原因・吸入薬】

  3. 子供も大人もかかる溶連菌感染症について【原因・症状・感染経路…

  4. 【こむら返り】足がつる原因と治療・予防について解説

  5. インフルエンザワクチン(予防接種)【供給量・値段・効果】につ…

  6. 新型コロナウイルス感染症の自宅療養について【準備・期間・家族…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 10月 07日

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP