コレステロールを下げるには?脂質異常症の原因や食事・治療について解説

(*2021年7月9日に更新されました)

「健康診断で、【コレステロール】が高いといわれたけど、どうすればよいかわからない」
「医師によって放っておけばよいともいわれるが、本当の所はどうなの」

この記事では、脂質異常症(高脂血症)を中心に、詳しく解説していきます

コレステロールとは?

そもそもコレステロールとは何でしょうか。

一言でいえば、体を正常に保つ働きをする脂質の1種のこと。

人間の血液中だけでなく、脳、内臓、筋肉など全身に広く分布しており、細胞膜を保ったり、性ホルモンや副腎皮質ホルモン、脂肪の消化吸収を助ける胆汁の材料になったりします。つまり「コレステロール=悪」というわけではなくむしろ必要な成分です。

ではなぜ高いといけないのか。正確にはコレステロールにも大きく「LDL」と「HDL」の2種類に分かれます。

LDLはLow Density Lipoprotein(低濃度リポたんぱく質)のこと。

LDLは、本来なら細胞に取り込まれ、細胞膜の形成など身体を作るのに重要な役割を果たします。

しかし、LDLが過剰になりすぎると血管壁にたまってきます。通称「プラーク」とよばれ、炎症反応を起こして心筋梗塞や脳梗塞などの引き金になることが知られています。

このことから「LDL =悪玉コレステロール」といわれるようになりました。

一方、HDLはHigh Density Lipoprotein(高濃度リポたんぱく質)のこと。

HDLは組織にたまったコレステロールを排泄し、血管壁を正常に保つ作用があります。HDLが多いほど動脈硬化を防ぐ作用が強く、「善玉コレステロール」といわれています。

中性脂肪は、いわゆる「あぶら」のことです。生活習慣の乱れに伴って高くなることが多く、食べ過ぎが密接に関係しています。あまりに多い場合は、大きい血管が詰まりやすくなったり、すい臓の炎症が出やすくなったりします。

脂質異常症(高脂血症)とは?診断基準

脂質異常症とは、一言でいうと「脂質のバランスが崩れた状態」のことです。

従来、「コレステロールが高い=高脂血症」として治療の対象になってきていましたが、善玉のHDLコレステロールが低い方も「高脂血症」の治療対象になることから、2007年から名称が「脂質異常症」に変わりました。

具体的には、次の場合が「脂質異常症」になります。

LDLコレステロール140mg/dl以上高LDLコレステロール血症
129~139mg 境界型高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール40mg/dl未満低HDLコレステロール血症
中性脂肪(TG)150mg/dl以上高トリグリセライド血症

脂質異常症の治療の流れ

① 問診

どれくらい脂質異常症が悪いのかを重症度で考えます。

LDL、HDL、中性脂肪のうち特に重要な指標が「LDL」なので、LDLを中心にお話します。

まず重要なのは、「心臓発作(冠動脈疾患)にかかったことがあるか」です。

心臓発作がある場合は、2次予防(再発を予防する)目的で、LDLコレステロールを「100 mg/dl」以下にします。

それ以外でも、「糖尿病」や「慢性腎不全」「脳梗塞」などがあった場合は、高リスク群です。高リスク群だと、10年間に心臓の血管が詰まる可能性は9%以上といわれています。

「高リスクでも案外低いじゃないか」と思うかもしれませんが、心臓の血管は一度詰まって、筋肉が壊死すると、その筋肉はもとには戻りません。それが約10人に1人の確率で起こると考えたら・・・とても怖い話ですね。

その他に、喫煙しているか、高血圧や家族歴などを診て、将来どれくらいの確率で心臓発作や脳梗塞などが起こりやすいかを分類します。

一番有名なのは、吹田研究から求められた吹田スコアで、下記の表になります。

② 身体診察・検査

脂質異常症の診察では、

  • 血管がどのくらい詰まりやすいのか
  • 心臓の機能は問題ないか
  • 脂肪が実際に身体にたまっていないか
  • ホルモンなどの異常で、2次的に脂質異常症になっていないか

などを中心に、診察していきます。検査は血液検査が中心ですが、頸動脈のエコーや心電図などをとることもあります。

③ 生活指導・薬物療法

脂質異常症の多くの方は、生活面が問題になっていることが多いので、生活指導はとても重要です。

生活背景から、心理面やストレス、普段の食事の種類や量などをくわしく聞きながら、患者さんにあったアドバイスをしていきます。

どういった食事がよいかはあらためて書きたいと思いますが、

一般的に

  • 加工食品を少なくする
  • マーガリンやショートニングを少なくし、オリーブ油・魚油に置き換える
  • 野菜中心にする
  • 食物繊維をたっぷりとる
  • ナッツ類(クルミやアーモンド)などをお菓子の代わりに置き換える

などは特に重要です。しかし、患者さんの背景によってアドバイスが全く異なることもよく経験するので、一緒に悩み解決策を探っています。

軽症で生活習慣で治らない場合、薬物療法を加えます。また、重症度によっては薬物療法に入りながら、生活習慣を正していく場合もあります。

ここでよく「コレステロールを下げる薬って、一生飲みつづけないといけないのではないか」

とよく質問を受けます。

疾患や状態にもよりますが、一生飲み続けるわけではありません

生活習慣が良くなって、コレステロールも改善してお薬をやめた患者さんは何人も経験しています。

もちろん必要な場合は投与しますが、あくまで薬は下支え。
脳梗塞や心臓発作にならないための予防する車の補助輪のように考えていただくとよいでしょう。

まとめ

今回は、脂質異常症の治療の大まかな流れを解説していきました。健康診断の「コレステロール」で引っかかり心配な方も、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

患者さんと一緒に悩み、親身に解決していきます。

参考文献

1, 動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版

2, 日本動脈硬化学会HP:http://www.j-athero.org/qanda/

3, 動脈硬化性疾患予防ガイドライン・エッセンス(日本心臓団体):https://www.jhf.or.jp/pro/a&s_info/guideline/post_2.html

【この記事を書いた人】 一之江駅前ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

あわせてこちらもおすすめ

・ 意外な症状も?亜鉛欠乏(亜鉛不足)について【症状・食べ物・治療】

・ 尿酸って何ですか?高尿酸血症や痛風について解説【診断・食事・生活の注意点】

関連記事

  1. 再発しやすい「ヘルペス」とは?【原因・症状や場所・薬・対処法…

  2. B型肝炎と大人(成人)のB型肝炎ワクチンについて【費用・スケ…

  3. 妊娠・授乳と薬の影響について解説【妊娠時期・持病の薬】

  4. 片頭痛の対処法は?原因・治療薬・予防薬についても解説

  5. インフルエンザとインフルエンザワクチン(予防接種)【効果や副…

  6. 鉄分不足による貧血「鉄欠乏性貧血」の原因や食事・治療について…

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP