血液アレルギー検査(VIEW-39・RAST)について 【費用・項目・保険適応】

(*2021年7月22日に更新しました)

鼻水やじんましん・喘息など、さまざまな症状を引き起こす「アレルギー症状」。
原因を知って、日常生活で気を付けなければいけない点を知りたい
という方のために、一之江駅前ひまわり医院では、採血によるアレルギー検査を行っております。

血液による「アレルギー検査」とはなにか

アレルギーは、本来攻撃しなくてもよいものに対して過敏に反応して、外へ追い出そうとする反応のことです。

吸入されたものを外へ追い出そうとして、鼻水やのどのイガイガ、咳になって現れます。
皮膚なら、じんましんとなって盛り上がったりかゆくなったりします。

実は、外に追い出す反応であるアレルギーにもいろいろな経路があります。

その中で最も代表的な経路が「IgE」という抗体を介した「即時型アレルギー」です。

血液検査では、原因物質(アレルゲン)に対してだけ反応するIgEの量(特異的IgE)を調べることで、原因物質に対応した「アレルギー体質」かどうかがわかります。この検査を「RAST」(特異的IgE抗体検査)と呼びます。

また、すべてのアレルゲンに対応する非特異的IgEの量も調べますので、自分がどの物質に対しても反応する「アレルギー体質」かどうかもわかります。

「アレルギー検査」の信頼性は?

ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物など、皮ふやのど・はな・気管支を介して吸収されるアレルゲンの特異的IgE検査は、比較的信頼性が高い検査です。

またダニやスギ花粉症でのアレルギー症状の場合は、舌下免疫療法を行うことで根治する可能性があります。(こちら舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)について【効果・費用・種類・デメリット】も参照にしてください)

一方、食物アレルギーに対してはあくまで「補助的診断」の位置づけです。
ですので、「血液検査の数値が高い=厳格な食事制限」ではありません。確定診断するためには、食物誘発試験などさらに踏み込んだ試験を行う必要がありますし、症状に合わせてアドバイスさせていただきます。

(参考:食物アレルギー研究会による学校における対応
(参考:厚生労働省補助事業 アレルギー疾患の手引き

2種類の「アレルギー検査」の項目と費用は?

アレルギー検査は保険適応なので、医師が必要と判断した場合中学3年生までは無料です。また、3割の場合は4000円ですが、1割の場合はその1/3の負担になります。

① RAST (特異的IgE抗体検査)の費用と保険適応

好きな項目が測れる検査です。健康保険上、1度の検査で13項目まで測ることができます。

保険適応(3割負担)10項目で4000円程度
  • 中学3年生までは無料です。

② View 39

VIEW 39とは、同時に39項目の代表的なアレルギー物質に対する反応を調べることのできる血液検査です。吸入系のアレルゲン(アレルギーの原因物質)19種類に加えて、食物系のアレルギー20種類も調べることができます。

1度に多くの項目(RASTの3倍の39項目)を検査できるので、スクリーニング検査として適しています。費用面でも同じ項目をRASTで行うと、3割負担で12000円くらいかかりますが、View39では5000円程度で済むので、「思い当たるきっかけが思いつかない」場合はView39を選ぶとよいでしょう。

ただし、検査項目を変更することができないのが難点になります。

(1)View39の検査項目

吸入系アレルゲン(吸い込んで体に入り、アレルギー症状になりやすい)

室内の塵:ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
動物:ネコ、イヌ
昆虫:ガ、ゴキブリ
カビ:アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア、ラテックス

吸入系アレルゲンはアレルギー性鼻炎の他、気管支喘息・アトピー性咳嗽の原因になりやすいアレルゲンです。

(気管支喘息については成人の気管支喘息について解説【治療法や吸入の仕方・日常生活の注意点】を参照)

食物系アレルゲン(食べて体に入り、アレルギー症状になりやすい)

卵:卵白、オボムコイド(加熱卵料理の指標)
牛乳:ミルク
小麦:小麦
豆、穀物、ナッツ類:ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米
甲殻類:エビ、カニ
果物:キウイ、りんご、バナナ
魚、肉類:マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

上記に加えてアナフィラキシーや蕁麻疹(じんましん)の原因にもなりやすいアレルゲンです。

(アナフィラキシーについてはアナフィラキシーについて解説【食べ物・原因・治療・薬剤】を参照)

(2)View39の費用と保険適応

View39の費用は以下の通りです。

保険適応(3割負担) 5000円程度
  • 中学3年生までは無料です。

Q&A

Q: 検査はいつできますか?

A: 当日にすることができますので、お気軽にご相談ください。

Q: どれくらいで結果がわかりますか?

A: 約1週間で分かります。結果がわかっているか確実に知りたい方は事前にお電話いただけますと幸いです。

Q: オススメの検査方法は?

A: 「スクリーニングでまとめて検査したい」という方は「View 39」が、「特にこの項目を知りたい」という方は「RAST」が、それぞれオススメです。

Q: 血液検査を行うときに、抗ヒスタミン薬や吸入ステロイド薬などを中止する必要はありますか?

A: 抗ヒスタミン薬や吸入ステロイド薬もどちらも中止する必要はありません。

(参考:厚生労働省補助事業 アレルギー疾患の手引き

Q: 血液検査の結果で、アレルギー症状をなくすことはできるのですか?

A: アレルギーを抑える抗ヒスタミン薬の内服の他に、アレルゲンの種類によっては、「減感作療法」といって、アレルゲンを摂取することでアレルギー反応を抑える治療があります。ひまわり医院(内科・皮膚科)では、船堀の「さくら医院」と提携して、スギやダニの減感作療法も行えますので、お気軽にご相談ください。(現時点では初回のみ「さくら医院」で行い、継続治療は当院で行えます)

こちらもおすすめ

・ 成人の気管支喘息について解説【治療法や吸入の仕方・日常生活の注意点】

・ アナフィラキシーについて解説【食べ物・原因・治療・薬剤】

・ 舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)について【効果・費用・種類・デメリット】

【この記事を書いた人】
一之江ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. コレステロールを下げるには?脂質異常症の原因や食事・治療につ…

  2. 鉄分不足による貧血「鉄欠乏性貧血」の原因や食事・治療について…

  3. 超音波検査でわかること【費用・原理・メリットやデメリット】

  4. 舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)について【効果・費用・種類…

  5. 肺炎球菌ワクチンについて【効果・費用・助成】

  6. 骨を強くするには?骨粗しょう症(骨粗鬆症)について【原因・治…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP