「とびひ」(飛び火・伝染性膿痂疹)について【原因と治療・予防方法・登園】

  • 搔いている場所からどんどん広がってきた
  • 子供がだんだん痛いと言い出すようになった
  • 虫刺されのところを掻いていたら皮がめくれるようになった

こんなことがあったら、もしかして「とびひ」かもしれません。一之江駅前ひまわり医院では皮膚科診療の一環で「とびひ」についても注意深くみています。

「とびひ」とは?

図1

(「とびひ」の皮膚所見。日本皮膚科学会HPより転載)

正式名称は「伝染性膿痂疹」(でんせんせいのうかしん)といいます。「とびひ」(飛び火)はいわゆる俗名で、「掻いている所にどんどん移っていく様」がまるで「火事で飛び火するようだ」ということで、「とびひ」という名称で広く知られるようになりました。

「とびひ」の原因は?

「とびひ」は皮膚にもともといる菌である黄色ブドウ球菌やレンサ球菌が原因の皮膚の感染症です。最近はMRSAとよばれる耐性菌も増えてきているという報告があります。

ですが、通常皮膚は「角質」というバリアに守られていますので菌が皮膚に入り込むことはありません。

しかし、虫刺されや汗による湿疹などのかゆみで皮膚を掻きこわすと皮膚のバリアが崩れます。すると、崩れた部分から、こうした皮膚にいる菌が侵入し「とびひ」として発症するのです。

通常の皮膚は多少掻いたとしても角質の層が厚いため「とびひ」に至らないことが多いですが、皮膚の免疫力がまだ弱い乳幼児やもともと皮膚のバリア機能がよわいアトピー性皮膚炎の方に起こりやすくなります。

また「とびひ」は掻いた部分だけでなく接触でどんどん人にうつります。そのため夏に保育園で集団発生しやすいのが特徴ですが、他の季節になることもあります。

「とびひ」の種類は?

「とびひ」にも大きく2つにわかれます。1つは「水疱性膿痂疹」(すいほうせいのうかしん)といって、水ぶくれができて皮めくれが生じて、広がっていくパターン。もう1つは「痂皮性膿痂疹」(かひせいのうかしん)といって、かさぶたができ水ぶくれにならないパターンです。

前者の方が乳幼児でよく見られ、後者は年齢を問わず発症しますが、近年アトピー性皮膚炎の方の発症が増加が報告されています。

「とびひ」の治療法は?

皮膚の菌が原因なので、皮膚の菌を殺菌する抗生剤の塗り薬や飲み薬を用いて治療します。非常に軽症の場合は、塗り薬だけでよくなることもあります。

治療で一番大切なのは「とびひ」かどうかの見極めです。なぜなら「湿疹」と思って治療しているとかえって皮膚の状態を悪化させてしまうことがあるからです。

また抗生剤の内服薬はドラッグストアで買うことができないこと、十分量飲むことが必要なことなどから、「とびひかな?」と思ったら、なるべく早く皮膚科に行くことを強くオススメします。

「とびひ」になった時の日常生活のケアは?

「とびひ」になった時のケアとしては次のことがとても大切です

  • 患部をよく覆いましょう: 掻いてしまったり触ると、どんどん広がります。塗り薬だけ塗るのではなく、なるべく覆うことがとても大切です。
  • 人にうつさないようにしましょう: 特に兄弟同士などでお風呂に入ってしまうと、肌がこすれあって兄弟同士で移ってしまいます。「とびひかな?」と思ったら一緒にお風呂に入らないようにしましょう
  • 湯船には入らずシャワーで: 湯船は雑菌がおおく、感染を助長させる可能性があります。石けんで泡立ててやささしく洗いながら、シャワーで洗うようにしましょう

「とびひ」を予防するには?

「とびひ」の予防には、いかに皮膚を清潔に保つかと、皮膚にかゆみがおこった時の対処が大切です。特に以下の点に気をつけましょう。

  • 皮膚を清潔に保つ: 1日1回シャワーで肌を洗うようにしましょう。シャワーで洗う際にはナイロンタオルなどでゴシゴシこすらないように気をつけましょう。肌の角質層を壊すきっかけになります。
  • かゆみがあったときに掻かない: 特に虫刺されがきっかけで「とびひ」になりますくなります。掻き壊して「とびひ」になる前に患部を覆ったり、かゆみ止めを使用することを必要です。爪を短く切るのも効果的です。
  • 鼻をかかないようにしましょう: 子供が一番掻いて移りやすい箇所は「ハナ」です。鼻水がでたりすすったり、ハナの穴についつい指をつっこんでみたり・・。そうして鼻の下がよくジクジクしてきます。普段から鼻をさわらない習慣をつけることも大切です。
  • 日常的に手洗いをする: 「とびひ」は手を介して広がります。帰宅した時や、なにかした後は日常的に手洗いを泡立ててしっかりおこなうようにしましょう。

「とびひ」になったら登園やプールはできる?

病変部を抗生剤の塗り薬を使って、浸出液がしみ出ないようにガーゼなどでおおってあれば、登園することができます。その際には子ども同士でタオルや寝具は共用せず、別々にすることが大切です。

プールの水を介しては感染しませんが、患部をかくことで病変が悪化したり、他の人と触れたりすることがあるので、ジクジクしている間はプールでの水遊びや水泳は入ることができません。かさぶたになって治ってきたら、プールに入ることができます。治ったかどうか確認するので、当院にきていただけましたら幸いです。

(参考: 保育所における感染症対策ガイドライン 2018年版

こちらもあわせてオススメです

関連記事

  1. 尿酸値が高い原因は?基準値や食べ物・痛風の対処法も解説

  2. 脂肪肝について解説【症状・食事・治療・改善方法】

  3. 汗っかきと多汗症の違いは?多汗症について解説【原因・治療・改…

  4. 女性の頻尿に多い過活動膀胱について【症状・検査・治療薬】

  5. 新型コロナウイルス感染症 抗体検査キットについて解説【費用・…

  6. 肺炎球菌ワクチンについて【効果・費用・助成】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP