新型コロナウイルス抗原検査について【費用・精度・判定時間】

(*2021月8月24日に更新しました)

一之江駅前ひまわり医院では、新型コロナウイルス感染症を迅速に診断するため、症状により疑わしい方を対象に新型コロナウイルス抗原検査も行っております。

新型コロナウイルス抗原検査とは?

ウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。

ウイルスの遺伝情報を直接見ていない分PCR検査に比べ検出率は劣りますが「少ない時間で結果が出る」「特別な検査機器を必要としない」ことから速やかに判断が必要な場合に用いられます。

厚生労働省によるガイドラインによると「抗原検査で陽性の場合には、追加検査を必要とせず確定診断として、保健所に連絡する」ことになっています。

また「症状発症後9日目以内の場合は、陰性の場合でも追加の検査を必須とはしない」ということになっていますが、臨床症状から新型コロナ感染症が疑わしい場合はPCR検査を追加しております。(参照:『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第4版)』及び抗原定性検査の実施方法等について

なお無症状者に対する抗原検査はPCR 法と比較し感度が低下する可能性があるため、確定診断として用いることは推奨されていませんのでご注意ください。

新型コロナウイルス抗原検査キットについて

一之江駅前ひまわり医院では、アルフレッサファーマ株式会社が提供している「アルソニックCOVID-19 Ag®」を採用しています。

2021年3月から厚生労働省に認可されました。

  • 5分で判定することができる
  • 鼻腔法でも適応になっていること
    が大きな特徴であり、周りに暴露する可能性を最小限に抑えることができます。(ただし当院では患者さんから強い希望がない限り検出率をあげるため、できるだけ鼻の奥から採取しております)

従来のPCR 法との比較に基づく試験成績(108 検体)は、
陰性一致率95.0%(57/60)
陽性一致率 66.7%(32/48)
全体一致率 82.4%(89/108)

と他の新型コロナウイルス抗原検査と比べても良好な結果となっており、
他のウイルスとの交差反応も認めなかったため、厚生労働省から認可を受けています。
(同キットの添付文書はこちら)

新型コロナウイルス抗原検査はいつできるの?

新型コロナウイルスPCR検査同様、抗原検査についても原則発熱外来で行っておりますので、事前にひまわり医院へお電話をお願いします。

新型コロナウイルス抗原検査の費用は?

医師が必要と判断した場合、全額公費となります

「症状がない」など保険で行う必要がないと判断した場合、自費になることもあるのでご注意ください。(その場合、10000円(税込)となります)

あわせてこちらもおすすめです

【この記事を書いた人】 

一之江ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. 汗っかきとの違いは?多汗症について解説【原因・治療・改善法】…

  2. 帯状疱疹や帯状疱疹ワクチン【弱毒水痘ワクチン・シングリックス…

  3. 肺炎球菌ワクチンについて【効果・費用・助成】

  4. インフルエンザとインフルエンザワクチン(予防接種)【効果や副…

  5. 禁煙外来と禁煙補助薬(チャンピックス・ニコチンパッチ)につい…

  6. 脂肪肝について解説【症状・食事・治療・改善方法】

コメント

    • 中川
    • 2021年 8月 23日

    こんにちは。
    たまたまネットで抗原検査のことを調べていて、貴HPを拝見しました。

    突然すみませんが、
    先ほど、私が知ったことを共有させて頂きます。

    厚労省のサイトの一部で
    ×「有症状時(2~9日目)に、陰性判定が信頼できる(症状1日目と10日目以降はNG)」
    と書いてあるのだけど…、
    (貴HPで図表を転載しているページです。)

    その見解は、去年の段階の古い情報に基づくもので、
    正しくは、
    〇「有症状時(1~9日目)に、陰性判定が信頼できる(10日目以降はNG)」
    が厚労省も認めている新しい情報だということが分かりました!

    【参考サイト】※いずれも厚労省HP内です。
    ■事務連絡「『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第3版)』及び抗原定性検査の実施方法等について」
    https://www.mhlw.go.jp/content/000725964.pdf

    ■「『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第3版)』及び抗原定性検査の実施方法等について」
    https://www.mhlw.go.jp/content/000725966.pdf

    (厚労省は電話での問合せに「サイト内で古い情報・新しい情報が混在している」ことを認めています。)

    私も、貴サイトの記述と同じことを信じていましたが(なんと言っても厚労省のHPの目立つところに掲載されているため)、
    より新しい別の見解があったので、報告させて頂きます。

    もちろん、文句を付けるつもりではありません。
    貴サイトのような分かりやすく一般市民向けに噛み砕いて説明してくれるサイトは、世の中的に有益だと思いますので。

    以上、突然失礼しました。
    中川

      • Daisuke Ito
      • 2021年 8月 24日

      コメントいただき大変ありがとうございます。更新させていただきました。第4版まで現在改訂されており、見直しは適宜行っていますが、アップデートおいつかずすみません。
      規約上は確定診断でも、同日PCRでやっぱり陽性だったという例もたびたび経験するので、抗原検査の扱いには症例ごとで悩ましいところがありますね。
      規約上「抗原検査で陰性で確定診断例」でも症例によってPCR検査をするようにしています。

      またぜひご指摘ください。感謝しております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP