円形脱毛症はストレスから?円形脱毛症の原因や治療・再発について

自分の頭をさわったり見たときに、円形脱毛が見つかったらショックが大きいですよね。(お気持ちお察しします)特にヘアスタイルやおしゃれを気にする女性にとってはなおさらです。

  • 円形脱毛が広がる前に早めに治したい
  • 円形脱毛が他の場所にできたらどうしよう
  • また円形脱毛が繰り返してしまうか心配

などの方に、一之江駅前ひまわり医院では円形脱毛症に対する治療も行っております。

円形脱毛症とは

円形脱毛症とは、文字通り頭の一部が円形に近い形で脱毛する疾患です。円形脱毛症というと10円玉のような脱毛をイメージされる方が多いのですが、実際には以下のように様々な形があります。

  • 通常型円形脱毛症: 類円形の脱毛が単発の「単発型」と脱毛班が複数の「多発型」があります。
  • 全頭型円形脱毛症: 脱毛が全ての頭に広がっているタイプ
  • 汎発型円形脱毛症: 脱毛が頭だけでなくて全身に及ぶタイプ
  • 蛇行型円形脱毛症: 頭の生え際が帯状に脱毛されるタイプ

また、重症度は脱毛部の面積の割合と、頭以外の脱毛があるかどうかで判断します。

円形脱毛症は急性期と固定期があり、牽引試験(プルテスト)や皮膚を見る拡大鏡(ダーモスコピー)で毛の状態を見ながら「どの状態の円形脱毛症なのか」を判断していきます。(詳細はこちら

円形脱毛症の原因はストレス?

円形脱毛症はよく「ストレスからくる」と思われがちですが、一番大きな原因は毛を包む組織に対する自己免疫性疾患と考えられています。

免疫とは、体内に入ってきた異物を認識して排除するシステムのこと。これがなんらかの異常をきたすと、全く無害な自分の細胞や組織を攻撃するようになります。つまり円形脱毛症の原因を大ざっぽにいうと「毛を支える組織になぜか自分から攻撃するようになってしまった」といえます。

その背景として、免疫にかかわる遺伝子多型や橋本病に代表される甲状腺疾患I型糖尿病・全身に及ぶ自己免疫性疾患貧血亜鉛不足・アトピー性皮膚炎などのアトピー性疾患などがいわれており、場合によっては採血で調べることもあります。

(亜鉛不足については意外な症状も?亜鉛欠乏(亜鉛不足)について【症状・食べ物・治療】も参照してください)

確かにさまざまな精神疾患との関連性を示唆する報告もあり(詳細はこちら)ストレスがきっかけになることもありますが、ストレスが原因でない場合も多く「円形脱毛症=ストレス」とは一概にはいえません。

円形脱毛症の治療は?

円形脱毛症の治療は非常に多くあり、当院でも患者さんの訴えや進行具合などに応じて使い分けています。円形脱毛症の治療ガイドラインで比較的推奨される治療法を中心にご紹介していきます。

① ステロイド薬

ステロイドとは、もともと体内の副腎(ふくじん)という臓器でつくられているホルモンです。このホルモンがもつ作用を薬として応用したものがステロイドで、炎症や免疫を抑える働きがあります。

ステロイドの使い方として、塗り薬の方法や局所注射薬・内服・ステロイドパルスといって点滴で大量に投与する方法など様々ありますが、患者さんの脱毛状態や希望をご相談しながら使い分けていきます。(ステロイドパルスの場合は入院が必要なので、適切な連携施設に紹介します)

② 塩化カルプロニウム外用薬

外用薬とは「塗り薬」のことです。塩化カルプニウムは血行を促進するはたらきがあり、髪を形成する毛細胞が活性化し、発毛が促進される効果が期待できます。1日2~3回頭皮全体に振りかけてマッサージしながら行います。

③ グリチルリチン・グリシン内服療法

グリチルリチンは主要成分は甘草(カンゾウ)という植物に由来する天然成分です。炎症やアレルギーを抑える作用や肝臓の働きを改善する作用などがあり、円形脱毛症の治療に用いられます。副作用も少ないですが、カリウムが下がることが指摘されているので、長期にわたる場合は採血することもあります。

④ 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬

円形脱毛症は、アトピーをはじめとしたアレルギー疾患との関連が指摘されているので、抗ヒスタミン薬の内服は理に適っているといえます。ガイドライン上も併用療法として推奨されています。ただし、円形脱毛症に対する保険適応はないので、アトピー素因があると判断された場合になります。

他には、エキシマライトによる紫外線療法液体窒素による冷凍療法ミノキシジル外用療法局所免疫療法などが有効性が示唆されております。上記で保険適応でない治療方法もあり、患者さんの状態を見ながら適切にアドバイスしていきます。(詳細はこちら

円形脱毛症の予後や再発は?

アトピー性疾患や内分泌疾患などの背景がない場合、1年以内に80%くらいの方が回復するといわれています。しかし、全頭型や汎発型などの場合、回復率は10%以下といわれています。また、15歳以下で発症した場合や蛇行型での回復率も低いとする報告も。

再発する例も多い疾患なので、慎重に見ながら治療方法を提示していきます。ご不安な点がありましたら是非いつでもご相談ください。

あわせてこちらもオススメです

【この記事を書いた人】 
一之江駅前ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. 水いぼ(伝染性軟属腫)について【原因・治療・日常生活やプール…

  2. 汗っかきとの違いは?多汗症について解説【原因・治療・改善法】…

  3. 新型コロナウイルス感染症について【症状・臨床経過・予防策】

  4. 鉄分不足による貧血「鉄欠乏性貧血」の原因や食事・治療について…

  5. 超音波検査でわかること【費用・原理・メリットやデメリット】

  6. 新型コロナウイルス感染症 抗体検査キットについて解説【費用・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP